読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

良さを見つめる

一年生を迎える会で「めあてを言うこと」「遊びがあること」が、とても良いと思った「ハピペン」です。 今年度「ハピペン」は市をまたいでの異動でした。心理的に多少の抵抗はあるものの、その抵抗を越えて「多様な価値観を受け入れられる人になりたい」とい…

「よくなりたい子」と「声の大きさ」

目が痒すぎる!「ハピペン」です!目を気にしすぎて、その仕草を子どもに真似される始末。電車の乗り換えの人たちがたくさん横を通るだけで目が痒いよー。 その真似をする子。今年一番近くにいる子。いつも教師に非難されている子。 声が大きいのが課題だっ…

「否定のない教育」でもなく「誉めちぎる教育」でもなく

ある交流級のクラスの子の名前を全員覚えた「ハピペン」です! 今日あたりから、ふと今の学校を楽しめそうな自分に気づいた。ホントちょっとしたことなのだけれど、昨日くらいから話しかけてもらえることが増えたと感じる。ちょっと根暗でキモイけど「あっ、…

「刺激」によって活動できないのは誰のせいか

今日も晴れてよかった「ハピペン」です。外遊びをしなくて、とお悩みの保護者の方もいるが……今のところ遊べてる毎日!! 「感覚の違い」によってスムーズに活動できないのは、誰のせいだろうか? 「子どものせい」だろうか? いや、それはないはず。「教師の…

傘が……ある!!

「リフレクション」ってすげーなって今日この頃な「ハピペン」です。 いやー雨のつもりじゃなかったなー今日は。だって、夜中って聞いたんだよ今朝は……。 あ、はい、すみません迂闊で……。 今日は帰りに傘を借りました。 職員室で言ってみると、校長先生が、…

「忘れ物」と「記憶」について

ブックオフで本を漁る「ハピペン」です。このブックオフへ行く途中に、「忘れ物の指導と将来の忘れっぽさは相関があるか?」という話になった。 将来のために、「精神論で!」忘れ物はなくさせた方がいいのか? うーん?どうだろう? その精神というところの…

「大丈夫って思って……」

今日は「休み!」な「ハピペン」です。プライベートでやらなきゃならないことを土日以外でどうやるのかさっぱり分かりません。 引っ越し、諸々のお祝い事、日用品以外の買い物など。アマゾンに住んでたら逆にamazonいらないんだろうな、なんてことを思いつい…

会わなければ分からないことは「ある」

昨日は電車を乗り間違えてスカイツリーまで行っちゃった「ハピペン」です。 「ふたせん」さんに会えました! ブログは「人」が書いている【ハピペンさんと会ってきた】 - 小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜 激しい情報社会と…

エピソード記述「空気になってませんか」

背景 今年度より転籍の女の子。礼儀正しい。教師に認めてもらおうという気が強ように感じる。誰かが注意されると、その後に露骨に正しい振る舞い方をする。 エピソード 掃除の時間、頑張っている子をほめていく。その中で「私空気になってませんか」と女の子…

【まとめ】『リフレクション』「リアリスティックアプローチ」と「ALACTモデル」等ーープロセス・流れ・時系列について(「エピソード記述」「省察的実践」含む)

前提 教育現場・学校では、子どもとかかわりのすべてに「教育的価値」を意図したかかわりという前提がある。 教育現場では「教育的な根拠」と関係なく、無作法に好き勝手に思い込みやオリジナリティのみで子どもと過ごしていればいいわけではない。 この前提…

「省察的実践」(リフレクションと関連して)

エピソード記述に慣れたい!「ハピペン」です! なぜリフレクション(「内省」ないし「省察」)が必要なのか 社会の変化が激しくかつ速度も増している。中でも日本はフロントランナーで、先行き不透明中で、これまでに出くわしたことのない問題を解決してい…

エピソード記述「ありがとうって言える子」

背景 新学期、2週目。本格的に学校生活がはじまり、給食もスタートした。今年度も支援級の子を見ている。二年生の男の子。とにかく、思ったことを大きい声で口にしてしまう。刺激がないと黙っていられない。いかなる場面でも声の大きさから失礼な雰囲気にな…

よいしょっと「エピソード記述」について

「もうちょっと」から「よいしょっと」じゃ前後関係感じなくない?と思っている「ハピペン」です。でも、字数の韻が良かったから採用。 inclusive.hatenablog.jp inclusive.hatenablog.jp inclusive.hatenablog.jp 引き続き「エピソード記述」について。こち…

もうちょっと「エピソード記述」

朝は電車で本を読めている「ハピペン」です!これが今回の異動で一番嬉しいことかもしれない。朝の15分程度なのだけれど、確実に本を読み進めることができる!すごいぜ! ってわけで引き続き「エピソード記述」について、こちらの本『エピソード記述入門―実…

重い子・軽い子

1週間終わったー!な「ハピペン」です! ただ疲れすぎてはいない。上手く力も抜きつつ、自然体で出来たってことかもしれない。 常勝で上昇です。やってきたことは間違っていなかった!?国・算への支援がどハマりで、落ち着いて学習して子どもたちは、笑顔で…

力不足感

たまに正夢を見る(気がしている)「ハピペン」です。正夢を、正しい夢と捉えて、デジャブみたいなのを感じたときには「この道が正しいのだ」と納得するようにしています。(中ニ病っぽいか) 入学式。6日ってのは珍しいかもしれない。 一年生みんなで入学式…

子どもとの出会い

好きなことは「いいね!」って誉めることな「ハピペン」です。 着任式ですね。何度か記事にされている話し過ぎない大切さ。でも、何か自分らしさ……なんて贅沢。 好きな動物は「ペンギン」。 好きなことは「いいね!」って誉めること。 朝あいさつしてくれた…

交流の困難さ

今日は職員会議だったり、お昼を何人かで食べに行ったりな「ハピペン」です。 ちょっとした配布物、日々の業務に必要な書類、教室整備をして一日が終わる。 開店準備完了。 そうして、あとは、子どもの出方を見ないとなんとも言えない。 さて、ただ、ただ、…

教室環境の整備

今日やったのは、教室環境の整備。 教室に入ると、目の前に巨大なプリンターと雑然と置かれた教師机2つ、胸くらいまでの黒い棚3つ、長机2つ。 教室に入って左奥へ。パーテーションの向こうには5つの机が並んで、パーテーションに張り付いた黒板には「進級お…

「エピソード記述」とは?

エピソードって言われると、スターウォーズ級な感じ!?とたじろぐ「ハピペン」です。先日、「リフレクション」と「コア・クオリティ」 ってエントリーを書きました。 今日は、この本の話。 おさらい リフレクション=内省 コア・クオリティ=核となる性質(…

「他人を幸せにできる人間だけが自分を幸せにできる」

何気なさ担当の「ハピペン」です。もう言えないって分かったとき、あの日「おかえり」を言ってあげれば良かった。その何気ないことが、繰り返せなくなるかもしれない、ってところに美しさがあるだろうな、とか思ってます。 学童で最初に大切にしたのはそれだ…

「リフレクション」と「コア・クオリティ」

さて、やっと平熱を取り戻したかという「ハピペン」です。高熱の後は後遺症で頭がガンガンですね。一日で熱を下げるとこういうことになるなあ、と最近思います。 先日こちらの記事がとても気になりました。(削除されていました。) 講習の記事で、この本が…

ある不登校の記録

急に高熱の「ハピペン」です。あーあ、これ絶対来年度へのストレスだわ……人はストレスがかかると免疫が落ちる。環境の変化に弱いってのは、きつい弱点だなあ……。 X年、「不登校」、「虐待」、「いじめ」の対応が重なって大変だった。そのうち、「不登校の記…

「なんでやねん!」って便利だなあ。

夜中に熱を測ったら41.5度って出てめっちゃビビった「ハピペン」です。いや、死ぬわ!そりゃないっしょ!!それなのに頭が結構軽いのが逆に不安すぎて、どんな病気だ!?って思うわ!!体温計大丈夫かあ……? さて、ふと、横になりながら動画を見ていて、「な…

先生という名のつく人

朝から皮膚科の「ハピペン」です。 年齢が重なると、身体で気になったことがあったら、すぐ医者に行った方がいいですね。 「先生」の解決力 お医者さんに行くと、いーっつも思うのが、「即具体的な解決を出せる」凄さです。 皮膚科であれば、外側にあるもの…

「昨日と今日の疲れ方の違い」

今日は「小論文」の講習な「ハピペン」です。 「疲れたは、疲れた。でも、あれ?昨日と疲れが違うわ!?」 今日のは「アウトプット」の時間があったからかな? 内容や使われる言葉で「知っていることが多かった」からかな。 昨日と今日の「同じ」と「違い」…

「あなたが"より"重視するのは?」<基礎学力の保障>と<コミュニケーション力の育成>

脳の最適化がしたい「ハピペン」です。ブログを見てくださっている方は分かるでしょうが、頭の疲れが全体的に取れない。スッキリしない……。ブログを書くことで多少のモヤモヤは解消されているけれども。 今日は、講演会に行ってきました。 最前線の悩みと現…

感謝が降り注ぐ日

お花いっぱいな「ハピペン」です。 修了式。今日でお別れの人もいるため、昨日は手紙をたくさん書いた。 反対に手紙をもらいもする。 手紙を書くってのは、当たり前のように行うことだが、簡単なことではない。 それだけのことをした、なんて思いは全然なく…

「ルール(ソーシャルスキル)」よりも「認知能力」

右目だけかゆい「ハピペン」です。実はほんのわずかだが、この最初はメタ認知だなあ、と思う。 クラスの中で、暴言・暴力・授業妨害がなかなか止まない子がいる。 その子に必要なのは「ルールを教える力(こちらよりの視点)」よりも「ルールを理解する力(…

数年前はじめてのドッジボールで首が取れた……!?わけないでしょ!

今日、数年前に受け持っていた子がドッチボールをする姿を見て「成長したなあ」って思った「ハピペン」です。 「今すぐ死ね!」 「学校を壊せ!」 「お前は頭がおかしい!」 と毎日言っていた子も、年月を経て通常級で過ごすようになり、友だちとドッチボー…

「正しい」や「相応しい」の先

最近「ひれ酒」にはまっている「ハピペン」です。ふぐのひれを入れて呑む温かいお酒です。匂いが独特で心を奪われました。(はじまりは、はまっている酒を紹介するコーナーって意識はない。) 6年生が巣立っていって、残る5年以下の子どもたち。 「掃除をす…

わざわざ時間を設定するくらいのカウンセリングや面談のときに大事なこと

歯医者で歯を綺麗にしてもらった「ハピペン」です!検診は大事よね。 今日はカウンセリングの肝です。 わざわざ時間をつくって面談なんかをするときは、もう大抵問題が軽くないことも少なくない。 そういうとき、どういう手順で進めるか、手探りでもいいし、…

思いをどう表現するか

電車で、ゆらゆらな「ハピペン」です。 今日は友人の結婚式の二次会でした。 人が好きな、本当に好きな、ゆえに大切にされている友人の二次会だったのだな、と改めて感じる。 「どんな人も大切にする」そういう思いを感じる。誰をも大切にする絶妙なバランス…

最後の1年を振り返った言葉から

二日酔いの「ハピペン」です……。 以下のような言葉に裏はないか?(荒んでてすみません) ⑴○○先生のクラスでよかった! (だって私はいじめられなかったから) ⑵○○先生の授業分かり易かった! (私にとっては!できてない子は知らない) ⑶○○先生は私にも優し…

卒業式が終わって

幸せな感じがする!「ハピペン」です。 前を向いてると感じる まず、単純に浮かぶ感想が「前を向いてる」と感じるなあというもの。 別れを惜しみすぎず、別れたいってわけでもなく。 「もう大丈夫」って感じを受けた。 そう、もう大丈夫なんだと思う。 問題…

フルインクルーシブが担保できないもの

夜中に急に壁掛けの時計が落ちて割れた「ハピペン」です。この先に起こる何かの身代わりになって私を守ってくれたらしい。先輩が言うには……。 フルインクルーシブが担保できないもの フルインクルーシブが担保できないものは、「その子に合った個別の学び」…

「何のためのインクルーシブか」の解

これからインクルーシブ教育を進めていく上で、「『なぜインクルーシブ教育をするのか』という問いにどう応えるか」という課題があると、全国障害学生支援センターの殿岡翼さんが言っていた。 みなさんは、なぜ共生社会を目指す必要があると思いますか?なぜ…

「価値観の違いこそが課題を生む」

卒業式まであと3日!の「ハピペン」です。毎日、一つ一つ、課題と向き合って進むしかない。 そんな中で、「価値観の違いこそが課題を生む」と感じました。 そんな言葉があるか知らないが「卒業式観」ってそもそも一人ひとり違うのではないか、と。 もっと細…

社会が目指す「枠」の方向(だと思っているもの)

さて!最後の週です!「ハピペン」です! inclusive.hatenablog.jp これに関連して。 社会が目指す「枠」 ハピペンなりには、いっときよく見た「平等」「公正」について画像の考えが社会の流れだと思っている。 「平等」と「公正」 こちらの説明文つきの画像…

「クラスワイドな支援から個別支援へ」

やっぱり目がかゆい「ハピペン」です。目薬を買わなければ……。 ここ最近の特別支援の流行りは、支援を要する子の周囲の子どもたちへの働きかけだと感じます。授業のUD(ユニバーサルデザイン)もその一つかと思います。 個別に支援する方法は、だいぶ蓄積さ…

希望の光

3.11から6年ですね。ラジオを聞いていると、復興が進んできたということが伝えらています。心の復興はどうなのだろう、と気になるところです。知ろうとすることを大切にして、この先もアンテナを張っていたいです。 3.11のとき、小学生相手なので、よく話に…

「枠」は「排除」を生む

卒練と面談に追われている「ハピペン」です。追うってよりは、完全に追われていて、むしろ襲われている気すらする……。そんな最終局面。 卒業式は大きな行事ですね。大きな行事は、インクルーシブについて考える機会になりやすいです。 多方面との合意形成。…

コンセプトをつくりたい!

結局、大枠の「理念」が必要なんだよ!と思っている「ハピペン」です。 そう思って「コンセプト」をキーワードに本を買ってみたのだけど、「コンセプト」と「理念」は違うらしい……(笑……えないっ) コンセプトメイキング 変化の時代の発想法 作者: 高橋宣行 …

「プライミング効果」について(『ファスト&スロー』より)

(「ファスト&スロー」×「特別支援教育」×「ハピペン」その3) プライミング効果について 授業にも生かせる「プライミング効果」について書いていく。 プライムとは、「先行刺激」と言われる。 ある「刺激」によって、次の行動が選択される効果を「プライミ…

新しい一年?の傾向?

3月1日生まれの「ハピペン」です。教師を目指してから、7年経っていることに驚愕……。 さて、どうでもいい特技の一つとして「数秘術」ができる「ハピペン」です。 「数秘術」というのは、生年月日を基に占いをするものです。 その人の性格や、その年の傾向を…

「システム2」と「自我消耗」について(『ファスト&スロー』より)

(「ファスト&スロー」×「特別支援教育」×「ハピペン」その2) 「ファスト&スロー」を今年度中に読み切りたい「ハピペン」です。 「システム1」と「システム2」については、こちら。 inclusive.hatenablog.jp 「システム2」と「自我消耗」 「システム2…

「みんな違ってみんな同じ」について

先週10年ぶりにウィスキーを飲んだ「ハピペン」です。バーでロックを2杯飲みました。楽しい時間……。 「みんなちがってみんな同じ」 今日は「みんなちがってみんな同じ」についてです。 かの有名な「みんな違ってみんないい」。ああ、歌にまでなってやがるぜ…

「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」の話(その3)

(過去記事)つづき 「社会とのズレ」について書いていく。 「入れ替え」と〈システム〉 このブログの記事から着想したところがある。 sosaku.doorblog.jp この言葉を見てほしい。 「入れ替え不能な我々のために、入れ替え可能な<システム>がある」という…

「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」の話(その2)

inclusive.hatenablog.jp の続きです。 今回は「居場所」について。 断ち切られた「つながり」 犯人は、結果的に自主退職をするが、犯行後「施設を辞めさせられて恨んでいた」というように言っている。 「つながり」がなくなり、「居場所」と感じられる場所…

「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」の話(その1)

日差しは春ーな「ハピペン」です。日中は風が冷たいですが、日差しはポカポカですね(そうでない地域もあるでしょうが……)。 さて、「相模原の事件」と「居場所」と「社会とのズレ」について。 「相模原の事件」について 今回は、「相模原の事件」について。…