読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

『キャラ化する/される子どもたち』―排除型社会における新たな人間像―#1

岩波ブックレットNo.759

「キャラ化する/される子どもたち―排除型社会における新たな人間像―」土井隆義

 

サブタイトルにある

排除型社会」ってなんだろう?

新たな人間像」ってなんだろう?

が少しでも明らかになるといいなと思います。

 

前回の「『個性』を煽られる子どもたち」から約5年後に出されたものです。少なからず「社会」やそこにある「人間像」に変化が訪れたのでしょう。 何が引き継がれ、何が変化したのか見ていけたらと思います。  

 全5回を予定しています。

 

目次の「第一章」「1.」「2.」は、本の見出しです。

第一章 コミュニケーション偏重の時代

第一章には、

「日常世界の狭小化」によって、グループ内の圧力が高まること。

そして、「承認を得る」には、友だちとどれだけ上手くかかわれているかが重要になり、コミュニケーションする力があるかどうかが人間を評価する視点になる。

それにより「コミュニケーション能力による序列化」が起こる、ということが書かれています。

  

1.格差化する人間関係のなかで

まず、人間関係に不安が強いことについて書かれている。

不安とは、「携帯の圏外」と「簡単に削除できる関係」への不安である。

(自身も相手をそう見ているため、自分も排除されるのではないか、という不安を抱く)

 

次に、「秋葉原の事件」への考察。

ある枠組みから自分が排除されることで、自分の世界そのものがなくなったように感じ、事件へ発展したと考えられる。

上記の二つは似た価値観である。

 

そこから筆者は、「日常世界の狭小化」を感じると伝えている。

 

「学校でもカーストによる人間関係」があり、世界は「狭小化」している。カースト間の交流もない。

 

その結果、カースト内で人間関係を済ませるため、敵対関係が消失する。

よって、グループ内の圧力が高まる

グループ内が暇になると、グループ内で何かしらの刺激を生み出そうとする。

そこから、グループ内で熾烈なポジション争いも起こることがある。

 

また、昨今の子どもは、大人や社会との関係も薄いと言われる。

子どもたちは、人間関係の「質」というよりは、「つながり合うこと」それ自体に関心の焦点があるように見える。

「つながり」を感じられさえすればなんでもいいため、身近な連絡相手とのつながりをひたすら求めがちということだ。そうすると、社会には目が向かない。

 

そんな風に「つながり」を強迫的に求める子どもたちは、相補関係を傷つけるような関係、対立は避けたい傾向にある。

だから、予定調和的な「摩擦のないフラットな関係」を求める。

 

その心理が「キャラ化」(「つっこみとボケ」、「いじりといじられ」など)を起こす。

 

2.コミュニケーション至上主義

まず、時代の背景。 1980年代半ばから、人びとの欲望が大幅に多様化する。

そうして、産業界からの求めもあり、教育にも「個性の重視」が登場する。

人物の評価の物差しに変化が起こる

 

つまりは、

「画一的な評価の物差し」(社会のみんなが「そうだね」って思えるような価値観)が弱まり、

「身近にいる個別の人間」から逐一に評価を受けざるを得なくなった。(その場にいる人たちによって変わる流動的な価値観での評価)

そうして、「自己承認」が得られるか否かは、その時になってみなければ分からないようになった。

 

画一的な物差しによる「抽象的な他者」ではなく、「具体的な他者」からの評価に依存するようになった。

そして、これは「圏外」に不安を感じる理由の一つ。その場にいないものは、評価を得ることができず、自分が「合っているか」確認できないため。

 

〈ちょっとまとめ〉

生きづらさの性質が、社会の拘束力の強さにもとづくものから、人間関係の拘束力の強さにもとづくものへと、時代とともに変化している。

そうして、

価値観が多元化し、人びとの関心対象が千差万別になった世界で、相手の反応を鋭敏に読みとってつねに良好な関係を保ち、相手からの評価を得やすいように自分の個性を効果的に呈示し続けるのは非常に困難なこと。 
しかし、それは同時に、自己肯定感を保っていく上で必須の営みでもあります。
そして、その営みをこなすために必要となるのは、なんといっても他者と円滑なコミュニケーションを営む力でしょう。

 

しかし、コミュニケーション能力は、決して自分の内部で完結するものではなく、つねに他者との関係の総体。コミュニケーション能力は、相手との関係次第で高くも低くもなりうる

 

また、相手との関係によって偶然的に起こるスクール・カーストは、偶然発生(コミュニケーション次第で発生)するからこそ、自分の努力では変えられない強い拘束力がある。

そして、グループ内の対立や衝突を避けるために、価値観をうまく調整するためのコミュニケーション能力に光が当たる。

やはり、コミュニケーション能力だけが絶対的に優位性をもち、人びとを序列化するようになる。

しかし、若い人びとのあいだには、いったんどこかのグループ内に入ったら、けっして誰か特定の人物が優位に立ってはならないという原則も存在しています。
互いに対等でなければならないという強い規範があるのです。

カーストの違うグループとの交友関係が避けられるのも、序列化された関係をあらかじめ回避するための技法の一つです。

(中略)

どうしても上下関係になりそうな人間は、異なるカーストとして最初から圏外化してしまい、認知の対象とすらしないのです。

したがって、同じグループの内部で、対等性のバランスがわずかでも崩れると、被害感情が募っていくことにもなります。

対等性の微妙なバランスを保ち続けるためには、グループ内の一人ひとりに配分されたキャラをはみ出すことはタブーなのです。 

※引用は、本文からです。

 

ここまでが「第一章」です。

最初の現状把握なので、細かく書いてしまいました。 

 

◆自分なりの考察

あちらを立てればこちらが立たず、といった感じで、問題どうしがわざと絡まりあっているのではないか、というくらい袋小路に入っているように感じますね。

 

◆「個性を煽られる」で挙がっていた問い

「個性を煽られる」で挙げた「個人的な問い」の残りが、以下のものです。

その集団の中にいて自分の立ち位置(要はキャラのようなもの)が決まると、自分はそういう人間なんだと自分で位置づける。

その位置からは逃れられないものだと思い込んで、一生の間社会の中でもそうなのだろうと思い込んでしまう。

上記の私の問いへの答えは見えたような気がします。

これは、要は「対立や衝突を回避したい」ということですね。

好きに生きてはKYになってしまうということです。

自分を守るために、自分に相応しいはずと「空気を読んだ自分」を選んで振る舞うということです。

 

また、私が見る限り子どもたちの中には、「これ以上自尊感情が下がりたいくないから、ある程度自尊感情が下がった自分でいい。だから、とにかく、もう、私が生きることを邪魔をしないで」というような、人生を悲観しきった子がいると感じています。

 

今、そうした子たちの自尊感情を上げるにはどうすればいいいのか、奮闘しているわけです。

 

そのためには「人とかかわれる手段や知恵や考え方」を提供する必要があるのだろうなと感じます。

 

個性は他者との関係から見出せること。

「素の自分の表出」に承認欲求が必要なこと。

排除されないためのかかわり方をしていること。

 

これらを解決するには「他者との相応しいかかわり」を行うしかないですね。

そんなものあるか知りませんが……相応しいと考えられるかかわり方が必要なようです。 

 

次回の「第二章」で、このような人間関係が、どのような人間像を生み出しているのか考えます。「キャラ」という表現をてがかりに見ていきます。

 

また、今後「『個性を煽られる』で土井さんが挙げていた①~④の言及も深めたいところです。

①人間関係の構成原理をもう一度見直す。

②個々の問題に潜んでいる社会的な共通因子を見出す。

③「個性を生かす」ではなく「個性を伸ばす」。

④大人のメンタリティを問い直す必要がある。

 

inclusive.hatenablog.jp