読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

<フル・インクルーシブ>についてもう少し(その2.5)

野口晃菜さんのインクルーシブ観とか言って、何も示していなかったことに気づいた「ハピペン」です。

 

野口晃菜さんの記事のリンクをまとめてみました。

 

 どちらがよりインクルーシブか

【連載①】本当に「インクルーシブ」な教育とは?(インクルーシブ教育研究者 野口晃菜さん)-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

 

自分と相手を知ることが社会生活の出発点に

社会を変える“インクルーシブ教育” | こどもの可能性を拡げる情報 | WorMo'(ワーモ)

 

もしも、今の社会に眼鏡やコンタクトがなかったら?

「一人ひとりに合わせた教育」先生が特別支援教育で活かすべき大切な事 LITALICO執行役員野口晃菜さん(前編) | うさぎノート通信

 

「変えられる」子どもを育てるのは先生の考え方

「変えられる」教育で大切なのは関わる大人が幸せであること 株式会社LITALICO野口晃菜さん 後編 | うさぎノート通信

 

45分間おとなしくすわっているのが正しいってホント?

【第1回 インクルーシブ教育の本質に迫る!】45分間おとなしくすわっているのが正しいってホント?-教員採用試験対策/教師・教職の募集情報|教員ステーション

 

広告を非表示にする