読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも幸せな人はいるから

特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように

思いをどう表現するか

自分なりの視点

電車で、ゆらゆらな「ハピペン」です。

 

今日は友人の結婚式の二次会でした。

 

人が好きな、本当に好きな、ゆえに大切にされている友人の二次会だったのだな、と改めて感じる。

 

「どんな人も大切にする」そういう思いを感じる。誰をも大切にする絶妙なバランス。

 

そこで、感じたのは、「思いの表現は人それぞれ」ってこと。

 

そういうおめでたい会の中で、どうやって何を伝えるかは予測できない。無限大の可能性があることだと思う。

 

その中で練りに練った答えが、どうしても響く。

 

申し訳なさとか、感謝とか、もっと頑張らなきゃ、もっと適う人間にならなきゃ、とか。

いろんなことがよぎる。

 

その大切な時に、かかわらせてもらっていることを愛おしく思う。

 

確かに、自分も、その相手も存在していて影響していることに驚愕する。

 

時間とか関わりを越えた温もりを感じて、お返ししたくなる。

 

生きていてよかったって感じることを伝えたくなる。

 

これは、「つづく」の話なんだと思うけど、生きるってそれくらい日常の中にどうしようもない輝きがあって、嬉しくてたまらないものなんだって、そう思えたらどんなにいいか、って思う。

 

子どもをキラキラと生かしたい。

そんな日。

広告を非表示にする