かならず幸せになれるいきもの

おしゃべりによる出現する未来から学ぶ

137|「捨てる神あれば、拾う神あり」で

いろいろな目がいろいろな見方をしているものだなあ、と思える日。

 

「ネガティヴは常勝」と言われるように、昨日あれだけ卑下しておいたら、予想外の賞賛が嬉しくもなる。同じような見立てを持ちつつ、思いやりのある言葉をかけられる同僚をすごいなぁ、と尊敬した。

 

ただ、やっぱりスッキリしないというか、結局、寝ても覚めても「協議」でのことを反芻していたので、傷ついたのかもなあ、と思った。

 

傷つかないまでも、脳を占めるような何かが負荷としてあったにはあったのだ。

 

ただ、なんだって「その先にあるかもしれないことは、その先に起こってから考えたっていい」ってこともあるし、そういうことの方が多いのだろうと思う。

 

「なるようにしかならない」というか、「なんとかなる」というか。

 

そんなにもどうしようもないことや、なんとかならないことだらけだったら、自分の命なんてとっくに終わっているだろうな。

 

「取り戻せない人生はない」と健康な時には考えている。生きている限り物語は変化していく。自分が変わることができれば、ということにはなるけれど、どんな出来事にも落ち着くところがあるはずである。

 

それを、うまく諸々をやり過ごしたり、もちろん反対に考え尽くしたりして、万能薬である「時間」を積み重ねられたなら、そこに光はあるのかもしれない。

 

「保留にしたいこと」ができた時には、12ステップ本を読む。今回も通勤のわずかな時間だけれど目を通した。

 

ステップ5を読んだ。

神に対し、 自分自身に対し、もう一人の人間に対し、 自分の誤りの正確な本質を認めた。

 

昨日誤りがあったことを受け入れつつ、ただ、それが誇大妄想ではなく、「謝りの正確な本質」を受け入れることであることを祈った。

 

誤りの正確な本質は、「自分だけのせいにすること」だと思えた。そして、つまり、自分だけのせいではないからこそ、保留にすべきところもあるし、また、自分だけが変わることで解決できることでもないと思えた。

 

それは決して放るということではなく、自分の目に映らない部分に、純粋に信頼して委ねようと思い切ってみることにしてみる。すると、事態は思ったよりもそれこそ全然悪い方向には行かないものだ。

 

unisonの「simple simple anecdote」の歌詞も癒しだった。

誰にもわかんないことを解き明かしても

誰にもわかんないまんまでいいのかも

一人ぼっちかも けど不思議と誰かが

同じ光を見るなんてことはある

わかってよね

私なりの光明を同じように見ている人もいる。

そうやって、自分が見出せる灯りだけは絶やさずにやっていこうってところ。

 

136|協議を楽しみにしている人

不思議なことが起こっていて、何人かが私は非難されたと捉えて、フォローをしてくれるのだけれど、私は傷ついていないような気がしているのはどうしてなのだろうか。

 

まあ、打ち合わせもなかったしとか(しなかった自分がもちろん悪い)、風土のせいだよとか、いや全く自分のせいだなあとも思っているのだけれど。

 

ああ、分かった分かった。

「そもそも的」な何かが抜けていたんだな。

 

たとえば、まず立場がフラットでないということ。意見出しがしづらい状況になってしまうということ。これは、面白い。勉強になるなあ。

 

つまり、その状況での「立場」が、一歩前に出ることを避けてしまうんだよな。

 

如実にそうだから、やはり、一歩出ることへの「痛み」を緩和する仕組みがあった方がいいわけなんだね。

 

それが、「KJ法」だったり、「ワールドカフェ」だったりするのだろうね。そんで、「みんなの」考えをまとめたものを発表くらいにして、それ以上のやり取りはしないようにするっていうね。そんくらいの学びを持ち帰るので終わりにしてねー、と。

 

「最初言いづらいから挙手の方が言いやすいのでは?」という感覚の時代に乗れていないんだなあ。

 

つまり、挙手は「うぇーい」って感じってことなんだよね。それで、指されれば「まあしぶしぶ言うけど」っていう。

 

静かな学級崩壊の状態である。そういうクラスを作ってしまっているのかなあ。

 

それで、いわゆるその「立場」というのを発生させてしまったのも、私かもしれないってのが面白い。

 

たとえば、私が下手に出た。つまり、周りは上になる。上であるのだから、そうそう踏み外さないという無意識のプレッシャーを与えてしまったのかもしれない。

 

実際誰も動けなくなったのだから、それは私のせいにするしかなくなったということなのだと思う。

 

素直に「困ってしまったのですけれど、どうしたらいいですか?」と言えても可愛げがあったろうな。そうやって、人を頼っていい「立場」にうまい具合に転がって、平易な気持ちでやれたらいいのになあ。

 

今回は、私がスケープゴートにもなるし(実際私が悪いのだろうが)、私は嫌われているというメタメッセージと捉えることもできるかもな。

 

そして、そういうの以前に、私こそ諸々を嫌っているのかもしれないなあ。別に思うところもないけれど。

 

そして、もう一つそんな見えないもの以前に、技法だったり、場づくりだったりということを考えても良かったと思う。

 

状況(人の実態)に対して、手立てが合っていなさすぎた。

 

3人では話せるのに、全体で話せないという姿からそう思った。自分にはない感覚だから、どうするとそれを乗り越えられるのかが分からない。

 

心理的安全性ってやつなのだと思う。

下手なことを言うと、撃たれるから、言えないわけだ。

 

じゃあどうしたら安心できるかにもっと頭を使うべきだった。まさか、こんなになるとは思っていなかったんだよなあ。

 

和まない(和めない)という恐ろしさ。

 

もちろん

  • 和ませられない私が悪い
  • 安心させられない私が悪い
  • 場を回せない私が悪い
  • わかりやすく説明できない私が悪い
  • 話題を振れない私が悪い
  • 準備をしていない私が悪い

そういうことなのだと思う。

 

ただ、やっぱり、自分にもある。

「なんか、この人に協力したくないな」とか、「なんか、言うのやめておこう」というようなやつ。

 

そう思うような人だ溢れてんだよな。

これも、私がどこかそう思っていたから、そうなったのかもしれない。循環だらけだ。

 

ただ、誰も彼も、誰かのせいにしているうちは、うまくいかないだろうな。

 

言いたいことをいえばいいだけなのになあ。

なんだか、そういう、鎖を外せなかったなあ。

 

そのときのコミュニケーションを変えればいけたのかなあ。それが、気になるなあそこで瞬間的にね、トリッキーにね。何がほしいのかが分かってね。

 

という、協議が滞ってしまったぜって話。

 

ああなることは、どこか分かっていたのかもな。それでも、どこかみんなを信じていた。ぬるく、甘かったという、いつものことでもある。

 

言い換えれば、難局を凌いだ人でもあるのかもな。

135|スクラムを組むくらいの気持ちではいるのだけど

痒いところに手は届かないんだろうけど、スクラムを組んで行くぞー!ってくらいの気持ちはあるんだ。

 

ということを、いくら言葉で説明しても、時間を切り売りして、人生を削ぎ落として献上しないと、認められないのでしょうね。

 

昨日は、20:30までやったし。今日も19:30まで頑張ったのだけれどね。

 

そんな感じで、船は凪の状態の中を自重でゆらゆらとしながら進んでいるわけだ。

 

機嫌によって変わるとかね。話したいことを話せない学年とかね。困りながら、耐えながら、やっていくしかないのかね。

 

そうそう。それでも、そういえば!

ブログを書いているおかげで、言葉が出てきやすいとか、文の違和感を察知できるとかはあるように思うんだなあ。

 

こんな文章力の癖にね。人に響くものは書けないけれど、たまに文の違和感くらいには気づけるという。それが、微細に役に立ってちょっと嬉しかった日。

134|30分明日のことを打ち合わせるだけで

何が冴えているとか、冴えていないとか。

正解とか、不正解ではなくて。

 

一致しているか。

ある程度の共通認識をしているか。

これが大きな課題である。

 

そもそもの正解なんてものもなく。

一致していることで、物事はうまくいく。進む。捗る。負担が減る。

 

そのための、対話、やり取り、情報交換ができたら、素敵だ。

133|2番と一緒に帰った日

プライドと壁。

 

結局一番にあるのは自分への壁なのかもしれないな。

 

ひょうひょうとバランスをとっていくポジション?

育まれてしまった美学と。

 

忘れるであろうコントロールはしてしまえというね。

 

そして、私は、話量をとても気にするのだよな。

132|どこまでは寄り添うのかって?

学校ってのはいろいろな制限があるところだなあ、と思う。

 

久しぶりにこの言葉を書くけれど「基礎的環境整備」。その環境整備としての、「人的・物的」資源の不備。

 

総じて、問題は「時間切れ」である。

言い換えると、「時間切れ」にならないための、関係やHOWがないと言えるかもしれない。

 

何を担っているか、によるのかな。

義務教育で来ているから受け手の惰性は仕方ないのか。

 

好奇心つながりで、この本も気になっちゃうなあ。

 

自分の生に丸つけをしてやりたいなって。

それなりによくやっているよ。

できていないことばかりを見なくたっていいんだよ、と。

 

そして、「インクルーシブ 」という無限大の願望から、制限が見えて変化するのかもしれないな。目標の変化。理想と違っても制限のある中では精一杯はやっているよと思ってやりたい。

131|主体性を感じた

秋を楽しむために。

まず、校庭散歩を8月末と9月に行って、季節が変わってきていることに気がついた。

 

秋になってきているということで、秋を見つけてみる。見つけた秋を模造品に描いた地図に貼って秋マップを作った。

 

秋を楽しむにはどうするか。ということで、秋で遊ぼうとなった。秋を生かして何をしようか、と。もう本を放り込んでしまった。

 

そこから、それぞれやりたい活動を選んで、本の説明を基に秋を使って作りたいものや、やりたい遊びを見つけて取り組むことにした。

 

9種類くらいの活動に分かれた。ああ、大変。なのだけれど、どの子も楽しそうである。したいことができるって素敵だ。

 

自然と「もっとしたい」の声が出る。

 

大事なのはそこに教科の学びがあるかだとも思う。それは、全体で活動から得た気づきをシェアして、クラスの学びとしたい。

 

「わかる」とはどういうことか、という本を読んでいる。

 

わかるには、わかりたいことに注意を向ける必要があると書かれている。その分かりたさのようなものは、好奇心から生まれるものだそうだ。

 

じゃあ、好奇心って?と思って調べるとこれは、また厄介そうである。

 

ここに丁寧にまとめられていた。

好奇心とは?好奇心の高め方と4つのタイプ | Katsuiku Academy

 

 

また、この辺りの本もめくってみた。

 

 

教えられていると感じるほど、好奇心は下がるみたいだ。できるだけ、同じ権限のもの同士で学ぶことが、好奇心を潰さないようである。

 

まあ、まとめると「自分でやる時間の確保」が、主体性だとか、好奇心だとかの課題なんだろうなと思う。

 

時間の確保だ。

自学だってそうだろうね。

 

時間を確保するようになれば、時間が確保されれば、それをやるアポイントが取れていれば、子どもたちは学べるのかもしれない。



反対に、十分な時間の確保もなく、主体性だなんだってのはないのだろうね。あとは、選べるということが大事かもしれない。豊富に選択肢があるということ。

 

この辺が気になる。

 

 



 

お休みをいただいております

今日思ったこと

  • いつかってのはない
  • 生き様が直接影響するのはせいぜい孫までなんだほうな(基本的には)。そう思うと、先生やっているって結構偉いことだと思っといてもいいのかもな(ただ自分と自分の周辺に影響して生きるってくらいよりは)
  • つながりに感謝(誰か一人でも欠ければ、つながっていないのだから。そして、彼らもまたその一つだということなんだよな)

 

耳障りのいい言葉をインプットしたい衝動でこれを買って読んでいます。

成功するためにいることが4つ書かれていてそりゃそうで、大事だなあと思った。

  1. 目標
  2. 行動
  3. 目標に行動が合っているか判別する
  4. 柔軟さを失わずうまくいく方法を見つける

 

NLPについての本ということで、どこか根っこの部分で少し「ミルトン・エリクソン」の考えが影響しているから、やはり、耳障りが悪くない。メインは、本田健の書く耳障りの良さを感じたかっただけなのだけど、それだけでなく、耳障りがよい。

 

あと、どうしてもタスクを見失うので、身に付けられる「to doリスト」としてバンド型のを買ってみた。首から下げる名札に巻いている。これで、私の失念が減るとよい。

 

アンソニー・ロビンズの本には、他にも成功のために「信念」について書かれていることがある。そもそもの成功ってなんだよって話だ。たとえば、安定した収入があるとか、持ち家があるとか、大切な家族がいるとか、生きがいがあるとか。まあ、当然、人それぞれ、いろいろなわけだ。

 

じゃあ、自分は?って思うと「辛すぎないで生きる」「大変でなく生きる」「負担感なく生きる」なんてのが自分にとっての成功なのかもしれない。静かに暮らしていたいのである。クライシスなく。

 

そして、いつの間にか、その目標は達成しているのだろうな、と思う。だから、どこか物足りなさを最近感じていような気がするのかもしれない。ふわふわっとしているが。

 

もう少し張り合いがあってもいいかな、と思う。蓄えてしまった知識を仕事以外で誰かに活かせたらいいのになあ、と。

 

だらだらと生きることが、結局一番しぶとい。潔い人生は、急激に終了に向かうことがある。それは、苦しい。そうでなく、かっこつけずいられることが増えたように思う。それでうまくいかないときもあるけれど、めちゃ苦しいという時が減った。そして、そういう学級経営が私の学級経営なのだと思う。ふわっと、基本的にトラブルが少ないという学級づくり。そこで、学習に意欲を持たせられたらよい。それは、日々勉強していく。そして、もうプラス1、人生に色を添えられるといいのに、と思う。

 

仕事以外の活動が子どもがいてできていないというのもある。つまり、子ども連れでできるもうプラス1の活動を考えるってことなのだろうな。

 

ブリーフ的な子育てのエッセンスの共有かな。

とりま、「目標」がいる。